B/43 Magazine

B/43 Magazineは、夫婦や同棲カップルの2人暮らしに必要なお金の知識が学べるWebメディアです。家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」が運営しています。

B/43 Magazine

2人暮らしのお金の知識が学べるWebメディア

パートナーとの情報共有に関する実態調査|共有の有無でパートナーとの関係性に影響を与える情報1位は「日々のお金の支出」

家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」を提供する株式会社スマートバンク(本社:東京都品川区、代表取締役:堀井 翔太、以下「当社」)は、20代〜60代の男女893名を対象に、パートナーとの情報共有に関する実態を調査いたしました。

パートナーとの情報共有に関する実態調査 #B43

パートナーとの情報共有に関する実態調査 #B43

調査背景

当社が提供する、パートナーと家計を共同で管理できる「B/43ペアカード」は、共有しにくいお金に関する情報を、簡単にふたりで一緒に確認できることから、多くの方にご支持いただいています。婚姻関係に関わらず利用可能なことから、夫婦はもちろん、未婚や同棲カップルの支出管理にまつわる課題を解決しています。

ユーザーからは、お金の管理がしやすくなったという声だけではなく「普段の会話では話しづらいことを話すきっかけができたことで、日々のコミュニケーションが円滑になった」という声を多数いただいています。

そこで、11月8日「いいパートナーシップの日」に合わせ、パートナーとの情報共有がふたりの関係にどのような影響を与えるのかを明らかにし、いいパートナーシップ構築へのヒントを探るべく本調査を実施いたしました。

パートナーとの情報共有に関する実態調査 サマリー

1. パートナーと良い関係であると回答した人の約9割が、情報共有を行っている。

まず、現在のパートナーとの関係性についてたずねたところ、「とても良い関係である」と「良い関係である」が合わせて87.4%、「あまり良い関係ではない」と「全く良い関係ではない」が合わせて12.6%でした。
続いて、パートナーとどのような情報共有を行っているかたずねたところ、何かしらの情報共有を行っている人が85.7%、「パートナーと情報共有をしない」と回答した人が14.3%でした。
情報共有の有無が、パートナーとの関係性にどのような影響を与えているか明らかにすべくクロス分析を行ったところ、パートナーとの関係性について「とても良い関係である」「良い関係である」と回答した人の89.1%が何かしらの情報共有を行っていると回答。
一方、「あまり良い関係ではない」「全く良い関係ではない」と回答した人のうち、情報共有をしていると回答した人は61.6%にとどまりました。

パートナーとの関係性について良い関係だと感じている人の方が、積極的に情報共有を行う傾向がわかりました。

2. 共有している情報が多い人の方が、パートナーと良い関係であると回答。情報共有数は、関係が良くないと回答した人の2倍以上という結果に。

パートナーとの関係性について「とても良い関係である」「良い関係である」と回答した人が共有している情報数をカウントしたところ、平均2.7という結果に。
一方、パートナーとの関係性について「あまり良い関係ではない」「全く良い関係ではない」と回答した人の情報共有数は、平均1.2でした。

 

より多くの事柄に関して共有を行っている人ほど、パートナーとの関係性が良いと感じている人が多いことがわかりました。

3. パートナーと良い関係であると回答した人が共有している情報を年代別にランキング化。全年代1位は「スケジュール」

パートナーとの関係性について「とても良い関係である」「良い関係である」と回答した人が、どんな情報を共有しているかをたずねたところ、全年代とも1位は「スケジュール」でした。2位は、20代のみ「日々のお金の支出」、ほかの年代は「家族・交友関係」と回答。3位以降は各年代ごとにばらつきが出る結果となりました。

Z世代においては「生理・排卵予定日」を共有しているという回答が28.9%、そのほかの世代は15.2%。

Z世代は「生理・排卵予定日」を共有している人が他の年代と比較して13.7ポイントも高く、共有しづらいと思われがちな生理に関する情報について共有するハードルがほかの世代よりも低いことがわかりました。

4. パートナーと良い関係だと回答した人が使っている情報共有サービスTOP3は、「スケジュール / お金の情報  / お買物リスト」

パートナーとの関係性について「とても良い関係である」「良い関係である」と回答した人が情報共有のために使用しているサービスは、「スケジュールの共有(Timetree、Googleカレンダーなど)」が33.5%と最も多く、「お金の情報共有(マネーフォワード、Zaim、OsidOri、B/43など)」が21.4%、つづいて「お買い物リストやメモの共有(LINEのnote機能、TODOリストなど)」が19.6%という結果となりました。


 

5. 共有をする / しないで、パートナーとの関係性に影響を与える情報1位は「日々のお金の支出」

パートナーとの関係性について「とても良い関係である」「良い関係である」と回答した人と「あまり良い関係ではない」「全く良い関係ではない」と回答した人で、関係性に差分が表れた情報は、「日々のお金の支出」が差分12.6ポイントと最も大きく、「総資産」が12.5ポイント、「スケジュール共有」が11.7ポイントという結果となりました。

b43.jp

6. お金の管理を「ふたりでしている」と回答した人は20代が最多。

「パートナーとのお金をどのように管理していますか?」という質問では、「ふたりで管理している」という回答が36.4%、「彼女または妻が管理している」が33.3%、「彼氏または夫が管理している」が10.7%、「お金の管理はしていない」が19.6%でした。

年代別でみたところ、20代の「ふたりで管理している」と回答した割合は40.8%と、ほかの年代よりも7.24ポイントも高い結果となりました。

また、年代が上がるにつれて「彼女または妻が管理している」割合が高くなっており、”家計管理は女性が担当する”といったジェンダーに関わる価値観が表れていると考えられます。


 令和2年には68.4%が共働き世帯となり(*)、男女共にお金を稼ぐことが当たり前の時代になりました。今回の調査から、年代が下がるにつれて「彼女または妻が管理している」という割合は減り、「ふたりで管理している」割合が高くなっていることから、若い年代ほどお金に関してパートナーと対等な関係を築こうとしている傾向がみられました。

(*)出典:「男女共同参画白書 令和3年版」

https://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/r03/zentai/pdf/r03_genjo.pdf

専門家の見解

フタリノ株式会社 代表取締役 清水 愛

夫婦やカップルの赤裸々をシェアして助け合うメディアコミュニティ「フタリノ」を運営

web.futa-rino.com


調査の結果から、情報共有の量がパートナーとの関係性に良い影響を与えているということは明らかです。
情報共有がもたらす効果は主に二つ考えられます。ひとつは、「言った言わない」などのすれ違いを未然に防いだり、お金の使い道や相手の体調など「わからないこと」への不安を抱えずに済むというリスク回避の側面です。そしてもう一つは、共有を習慣化することでその話題に触れる機会が増え、コミュニケーションが深まるというプラスの側面が上げられます。
中でもお金の話は、ふたりの将来を見据える上で避けては通れない話題。話しにくいと思われることほどオープンにすることで信頼関係が深まるため、パートナーとの関係性に影響を与える情報の上位2つが「日々のお金の情報」と「総資産」という調査結果も納得です。
お金や生理周期・排卵日など、切り出しにくいことほど、便利なアプリやサービスを活用することでコミュニケーションコストを下げられます。
まずはふたりが日常的に不便を感じているところや、不満を抱えがちなところから、情報共有を始めてみるのがおすすめです。

 

<調査概要>

調査方法: WEB アンケート
調査対象: 20~60代の全国の男女
有効回答数: 893名
調査実施日: 2022年9月30日(金)~10月1日(土)
調査主体 : 株式会社スマートバンク
※本リリース内容を掲載いただく際は、出典「スマートバンク | B/43調べ」との明記をお願いいたします。
 

11月8日は「いいパートナーシップの日」パートナーと向き合う日に

11月8日は、木の実由来のファッションブランドKAPOK KNOTが申請し、一般社団法人日本記念日協会に登録された「いいパートナーシップの日」。「いい(11)パ(8)ートナーシップ」の語呂合わせから11月8日に制定されました。多様なパートナーとのあり方が受け入れられるようになってきた時代の中で、パートナーと向き合い、お互いに感謝を伝え合う日です。
当社では、6組のペアの方々に実施したインタビューを11月8日に公開し「いいパートナー」について考えるきっかけをつくります。また、Twitterキャンペーンを実施し、全国のペアの方々が気軽にパートナーへ思いを馳せるきっかけを生み出します。

「あなたにとって、いいパートナーとは?」さまざまなペアへのインタビューを実施

下記のペアによるインタビューを公開予定です。

  • ハヤカワ五味さん&パートナーさん
  • 夏生さえりさん&パートナーさん
  • 池澤あやかさん&パートナーさん
  • 灰色ハイジさん&hmskさん
  • 伊野亘輝さん&パートナーさん
  • 伊藤正臣&パートナーさん

b43.jp

 

 家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」とは

「B/43」とは、Visaプリペイドカードと家計簿アプリがセットになった新しい支出管理サービスです。毎月の予算をプリペイドカードにチャージして支払いを行うだけで、アプリに支出の明細がリアルタイムで反映されるため、簡単に支出管理が可能です。

ひとりで使うB/43マイカードと、ふたりで使うB/43ペアカードの2つのタイプがあり、今回リリースするB/43ジュニアカードを含め、一つのアプリで併用が可能です。