B/43 Magazine

B/43 Magazineは、夫婦や同棲カップルの2人暮らしに必要なお金の知識が学べるWebメディアです。家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」が運営しています。

B/43 Magazine

2人暮らしのお金の知識が学べるWebメディア

夫婦の共有口座の作り方とは?おすすめな銀行やアプリを紹介

共有口座とは、複数の人がお金を共同で預けることができる口座のことを指します。共有口座は、夫婦や家族、友人間で使うことが一般的です。

共有口座を持つことで、家族内で共同で使うことにより、家計管理がしやすくなります。また、特定の目的のために節約するためにも使われます。例えば、旅行や大きな購入などの用途で共同で節約するための口座として利用することができます。

この記事では、共有口座を持つメリットについて解説し、共有口座が持てるおすすめの銀行やアプリを紹介します。

同棲カップル・夫婦の
お金管理におすすめ!

スマホで簡単管理
New家族カード!

  • 共有口座に2枚のカードで2人の支出を共有
    自動管理で2人の家計管理がラクに!
    立替精算は不要!レシートレスなお金の管理!
B/43

夫婦で共有口座を作るメリット

夫婦で共有口座を持つと、短期的なメリットとしては毎月の生活費の収支を簡単に把握できるため、家計が赤字になっていないか等チェックしやすくなります。長期的なメリットとしては将来的に必要な貯金が出来ているか把握しやすくなります。

将来のために夫婦で世帯の資産形成を真剣に考えているのであれば銀行の共通口座を作ることを検討してみると良いかもしれません。

ただし基本的に銀行口座を作る時は、法律婚の夫婦であっても共同名義では作れません。そのため共通口座といえどどちらか1人の名義で開設し、どちらかが家族カードを持つ形になります。この点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。

1. 生活費の支出が一元化される

共働き夫婦も増えた今、1人が稼ぎ家計は1人にお任せ…という形の家計管理が時代に合わなくなってきました。

共通口座を生活費管理を目的に使う場合は、それぞれの個人口座に給料等が振り込まれた後、生活費全般については毎月決めた金額を共通口座に入れ、家計を管理していく形が一般的かと思います。自分達の世帯の支出がシンプルに見える化され分かりやすいことが最大メリットです。

どちらか一方だけが毎月の生活費を管理する状態だと、予想以上にお金がかかったり赤字を出したりした場合、一方だけの責任になりトラブルになりやすいです。

共通口座を持ち2人でしっかり生活費を管理していく意志を持つことで、いつでもお互いに家計の収支を確認できる利便性だけではなく、責任意識を押しつけ合わないという平等で円満な夫婦関係に出来ることもメリットの1つと言えるかもしれません。

2. 将来のための貯金がしやすくなる

共通口座を貯蓄を目的に使う場合は、それぞれが個人口座に積み立てていくよりも世帯の貯金額が今いくらなのかが明確になるメリットがあります。

それぞれが自由に貯金する形にしておくと、いざ必要になった時に「フタを開けてみたら2人とも実は大して貯金していなかった」という場合もあり得ます。特に今まで貯金を上手くできなかった経験がある、もしくはパートナーがそう、あるいは2人ともそのタイプなら要注意です。

将来的に必要な資金としては、住宅や車の購入資金、子供を持つ場合は教育費家族での旅行費等が考えられるかと思います。今、自分達の世帯にどれほど備えや余裕があるかを明確化することで将来的な生活の安心を得られるというメリットが大きいです。

3. 不公平感や不満が生まれづらくなる

共有口座によって夫婦双方がお金を入出金することができるため、お金の管理が公平に行われます。また、お金の使い方や管理が共同で行われるため、夫婦双方がお金の使い方や管理について協議し合うことができるため、不公平感や不満が生まれにくくなります。

例えば、特定の目的の節約や家計の管理を行う際には、夫婦双方で目標を設定し、協議し合ってお金を使うことができます。このように、共有口座を使用することで、夫婦間でのコミュニケーションが活発化し、不公平感や不満が生まれにくくなることが期待されます。

同棲カップル・夫婦の
お金管理におすすめ!

スマホで簡単管理
New家族カード!

  • 共有口座に2枚のカードで2人の支出を共有
    自動管理で2人の家計管理がラクに!
    立替精算は不要!レシートレスなお金の管理!
B/43

夫婦で円満にお金の管理をする方法

夫婦で銀行の共通口座を持った時の目的別のオススメ活用4パターンと、それぞれのメリット・デメリットを紹介します!

1. 一つの共有口座に生活費を定期的に振り込む

共通口座を生活費管理をメインの目的として活用する。2人がそれぞれの個人口座を持ち給料等が振り込まれた後、生活費全般については毎月決めた金額を共通口座に入れ、家計を管理していくスタイルです。自由に使えるお金や貯金はそれぞれの口座で運用していきます。

  • メリット:
    • その世帯の支出が見える化されシンプルで分かりやすい。
  • デメリット:
    • 貯金は個人口座でそれぞれが行うと、世帯全体の余剰資金や貯金が今いくらかは把握できない
  • こんな夫婦にオススメ:
    • 自分の稼いだ収入は共同生活にかかる費用以外はある程度自由に使いたいと考える2人。

2. 生活費用の共通口座、貯蓄用の共通口座を別で持つ!

それぞれの個人口座は別々のままで、一方を生活費の管理用、一方を貯金用として完全に役割を持たせて活用するスタイルです。
例:夫の個人口座→全て生活費、妻の個人口座→全て貯金

  • メリット:
    • 収入が多い方が毎月出費が大きい生活費を全て負担し、少ない方の収入は全て貯金に回す形になるので貯蓄スピードが早くなる
    • 役割分担がシンプルで分かりやすいです。
  • デメリット:
    • 自分の稼いだお金が毎月全て家計の運営に消えていくので、働く意欲が保ちにくい
    • また将来大きな買い物(家や車)の頭金を貯蓄から出す場合に、夫婦どちらか一方の口座から出すことになるので名義問題が発生する可能性も。
  • こんな夫婦にオススメ:
    • 自分の人生全てを捧げて家庭単位でよりよい生活安定と向上を望む2人。

3. 夫婦お互いが項目ごとに生活費を管理する

それぞれの個人口座は別々のままで、家賃や水道光熱費は夫、食費は妻…等の項目ごとに管理して活用するスタイルです。自由に使えるお金や貯金はそれぞれの口座で運用していきます。

  • メリット:
    • 収入が多い方が負担が大きくて毎月決まった金額の項目を負担し、少ない方は食費や日用品などの流動性が高めの項目を負担すると役割分担がわかりやすい
  • デメリット
    • 支出がどれだけあるかお互いが把握しにくく、項目ごとの負担額の大小で不公平感を感じやすい
    • 世帯全体の余剰資金や貯金については把握できない
  • こんな夫婦にオススメ:
    • 家庭における役割分担意識が明確な2人。

b43.jp

4. プリペイド方式の家計簿アプリを使う


www.youtube.com

夫婦の共通口座は銀行だけのサービスではありません!
家計簿プリカ『B/43(ビーヨンサン)』の「ペアカード」という機能を使えば銀行の共有口座よりも、もっと手軽で便利で楽に生活費も貯金も管理可能です!こちらも検討してみると良いと思います!

  • メリット
    • 専用カードをそれぞれが1枚ずつ持て、発行手続きは最短5分で簡単完了
    • 支払い履歴や残高がアプリで共有できて、リアルタイムに記録できるため使いすぎが防げる
    • 手入力やレシートの読み取りは不要で楽チン
  • デメリット:
    • 現金払いオンリーの店での支払い時に困る
    • 現金での支出分はアプリで記録できないので管理から漏れる可能性があり
  • こんな夫婦にオススメ:
    • 細々した作業が2人とも苦手
    • レシートやチラシが散乱した部屋は嫌
    • ITや便利ガジェットを活用してスマートに暮らしたい
    • どちらかに負担を押し付けずずっと対等な円満関係を望む2人

ふたりのお金の管理には
これがおすすめ!

家計簿アプリ連動型
Visaプリペイドカード

  • カードが2枚!ふたりで支出を共有
  • 支出をリアルタイムに記録
  • 残高もひと目でわかって使いすぎない
B/43

共通口座が開設できるオススメの銀行5選

共通口座を開設する銀行選びで注目すべきポイントは3つ!

  1. 入金手数料が無料または安い
  2. 自動入金サービスがある
  3. 自動振込サービスがある

(2)の自動入金サービスは他行→共有口座へ毎月定額を自動的に入金できるサービス。具体的な活用例としては、自分の個人口座に給与が振り込まれたら、毎月決めた金額を共通口座に自動送金する設定をしておくことで、入金忘れが防げて共通口座からのローン等の引き落とし漏れが防げます!ただし口座名義が同一である必要がある為、共通口座の名義人になっている方しか活用できませんが、手数料は1人分浮かせることはできます!

共通口座の開設ではメガバンク、地方銀行、ネット銀行などの選択肢があります。それぞれのメリットとおすすめの銀行を紹介します!(2022年8月現在)

夫婦の共通口座でおすすめのメガバンク

【メリット】

  1. 近くに同銀行のATMがあれば手数料が優遇されます。
  2. ネット銀行と違い紙の通帳が発行できます。物理的な通帳を持ちたい人はメガバンクや地方銀行で検討してみてください。
  3. メガバンク、地方銀行は無料で代理人カードが持てます。

代理人カードとは家族カード、ファミリーカードと呼ぶ場合もあります。1口座に対して2枚以上のキャッシュカードを発行できるサービスです。法律婚であれば大体の銀行で発行可能です。

ただし代理人カードには決済機能はなく、通常のキャッシュカードの機能のみです。クレジットカード機能やデビット機能はないのでサブカードだと思ってください。

代理人カードの発行は、金融機関によって別居か同居での可否が分かれます。今回はそのような縛りがなく、【法律婚の夫婦であれば無料で代理人カードが発行可能な金融機関】をオススメとして選びました!
※地方銀行の代理人カードの発行については各行に問い合わせみてください。

ゆうちょ銀行
  • 代理人カード:◯(発行無料)
  • 自動入金サービス:×
  • 自動送金サービス:◯(1件につき125円)※途振込手数料
  • 引き出し手数料:郵便局、ゆうちょ銀行での利用は無料。 ゆうちょATMは、平日は8時45分~18時、土曜日は9時~14時まで無料。 それ以外の早朝・夜間と日曜日は一律110円。
  • 振込手数料:(同行宛)窓口は146円、ATMは100円。ネットバンキングは月5回まで無料、月6回目以降100円。(他行宛)窓口は5万円未満660円、5万円以上880円。ATMは5万円未満220円、5万円以上440円。ネットバンキングは一律165円。
  • コンビニATM利用:ほぼ全ての主要ATMで使用可

ゆうちょ銀行はATM台数が多いのも魅力的です!

三井住友銀行
  • 代理人カード:
  • 自動入金サービス:×
  • 自動送金サービス:◯(1件につき110円)※別途振込手数料
  • 引き出し手数料:(同行ATM)曜日時間帯によって無料、それ以外は110円(コンビニATM)条件有りで月3回無料、それ以外は1回220円
  • 
振込手数料:(ネットバンキング)同行宛は無料、他行宛は3万円未満165円、3万円以上330円

  • コンビニATM利用:ほぼ全ての主要ATMで使用可

三井住友銀行は「かぞくのおさいふ」というアプリでvisaプリペイドカードが発行可能です。

同棲カップル・夫婦の
お金管理におすすめ!

スマホで簡単管理
New家族カード!

  • 共有口座に2枚のカードで2人の支出を共有
    自動管理で2人の家計管理がラクに!
    立替精算は不要!レシートレスなお金の管理!
B/43

夫婦の共通口座でおすすめのネット銀行

ネット銀行のメリットは、何と言っても各種手数料の安さです。手数料はチリツモですが節約できると大きいので要注目ポイントです。

有料ではありますが代理人カードが持てるネット銀行もあるので、物理カードを持てるネット銀行をオススメとしてピックアップしました!

ソニー銀行
  • 代理人カード:◯1枚につき1,100円(税込)※同居家族に限る
  • 自動入金サービス:◯(手数料無料) ※別途振込手数料
  • 自動振込サービス:×
  • 引き出し手数料:月4回無料、5回目以降は110円
  • 振込手数料:同行宛は無料、他行宛は月1回無料、2回目以降は110円
  • コンビニATM利用:ほぼ全ての主要ATMで使用可
イオン銀行
  • 代理人カード:無料で発行可
  • 自動入金サービス:◯(手数料無料)※別途振込手数料
  • 自動振込サービス:◯ ※別途振込手数料
  • 引き出し手数料:24時間365日手数料完全無料、時間外手数料なし
  • 振込手数料:同行宛は無料、他行宛は132円
  • コンビニATM利用:セブンイレブン以外の主要コンビニATMで使用可(ミニストップ・ファミリーマート・ローソンなど)
住信SBI銀行

代理人カードが不要であれば、住信SBI銀行は自動入金、自動送金サービスがあって手数料も安いのでオススメです!

  • 代理人カード:×
  • 自動入金サービス:◯(手数料無料)
  • 自動振込サービス:◯ ※別途振込手数料
  • 引き出し手数料:月2回無料、3回目以降は110円
  • 振込手数料:同行宛は無料。他行宛は月1回無料、2回目以降は77円
  • コンビニATM利用:ほぼ全ての主要ATMで使用可

よくある質問

共通口座開設の際、名義はどっちにする?

最初にも書きましたが法律婚の夫婦であっても共同名義では口座を作れません。どちらか1人の名義で開設することになります。口座の名義人=お金の所有者と見なされる為、将来的なメリット・デメリットについて夫婦で慎重に話し合って決めてください。複雑化する可能性がある事柄として考えられるのは死別、離婚、住宅等の大きな買い物をした時等です。

共通口座への振り込み額はどうやって決める?

最も分かりやすくて不公平感が少ないのは、それぞれの収入の50%を共通口座に入れる方法です。
夫の収入が30万円、妻の収入が20万円だとしたら、15万円+10万円で毎月合計25万円が夫婦の生活費となります。残りのお金はそれぞれ個人のお金として自由に使えるのでストレスもたまりにくいです。
もし合計金額が毎月の生活費に足りない場合は、50%を60%に変える等して調整してみてください。

また2人の収入にかなり差がある場合、例えば夫が50万円、妻が10万円だとしたら収入割合は5:1なので、その割合のまま夫が25万円、妻が5万円を共通口座に入れて、合計25万円を生活にするという方法もアリです!その場合は個人が自由に使えるお金は夫が25万円、妻が5万円になります。

いずれにせよ収入が少ない方が自由に使えるお金が少なくなるので、不満があれば2人で話し合って微調整しましょう。

緊急用の出費はどう貯めておくのが正解?

家族/親族の病気、冠婚葬祭、家電トラブル、事故などの先の読めないトラブルで大きな出費が発生する事態は十分考えられることです。老後の資金、子供の進学、住宅の購入等の貯金とは別で、緊急出費用の予備費も念頭において貯めておくと、それらの貯金用途の計画が崩れないですし、精神も安定して生活できます。

b43.jp

同棲カップル・夫婦の
お金管理におすすめ!

スマホで簡単管理
New家族カード!

  • 共有口座に2枚のカードで2人の支出を共有
    自動管理で2人の家計管理がラクに!
    立替精算は不要!レシートレスなお金の管理!
B/43

専門家からのコメント

家計再生コンサルタント 株式会社マイエフピー代表 横山光昭氏

金融機関で共有口座を作ると、やはり「名義がどちらになるか」と悩むことも多いでしょう。キャッシュカードを2枚持て、入出金は二人でできても、何かしらの届け出は名義人しかできないという場合も多いので、不自由を感じがちです。

また、オンラインで入出金が確認できる環境を作っておかないと、お金の使い方も残高も、一方しか見れないというのもよくありません。

現金であれ、銀行口座であれ、夫婦のお金のことは共有できているか否かが、将来の資産作りに影響します。共有することで、支出の削減も成功しやすく、貯金も増やしやすいケースが多いのです。

夫婦のお金は、風通し良く。それが貯められる夫婦の秘訣です。家族仲も良好に保ちやすいですし、足並みをそろえて支出削減も貯金を増やすことにも取り組めるので、効率の良い家計運営が可能になります。そういう意味で、名義が偏らず、支出の記録もされるペアカードは、共有のお金で家計管理をしやすいものでしょう。